Steamのコントローラー設定方法を解説 – ボタン変更、同時押し、連射など

Steam おすすめ情報

Steamクライアントにはコントローラーのキー設定を変更できる機能が備わっています
「AボタンとBボタンを入れ替えたいのにキーコンフィグが搭載されていない」といったゲームをプレイする時に非常に便利なので設定方法を覚えておきましょう
ボタンの入れ替えのような単純な変更以外にも同時押しや連射といった機能を設定可能です
便利な設定をいくつか紹介しているので参考にしてください
本記事ではWindows10にてXbox ワイヤレス コントローラーを用いて解説しています

スポンサーリンク

コントローラー設定機能

Steamのコントローラー設定機能はXbox、PlayStation、Switchのコントローラーに正式対応しています

上記以外のものでも多くのサードパーティ製コントローラーが使用できると思うので試してみましょう
Xinput/DirectInputの切替が可能なLogicool F710はXinputにするとXbox360コントローラ、DirectInputにすると一般的なゲームパッドとして認識されました

スポンサーリンク

PCとコントローラーをBluetoothで接続する

コントローラーをBluetoothで接続する場合はPCとのペアリングが必要です
Windowsの設定(Windows + i)から「デバイス→Bluetoothとその他のデバイス」を開きます
Bluetoothがオンの状態で「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリック
windows10 Bluetooth設定
「Bluetooth」をクリックしたらコントローラーのペアリングボタンを押してペアリングを完了させましょう
windows10 Bluetooth デバイス追加

各コントローラーのペアリングボタン

  • Xbox ワイヤレス コントローラー
    ペアリングボタン長押し
    Xboxコントローラー ペアリングボタン
  • DualSense
    クリエイトボタンとPSボタンを同時に長押し
    DualSense ペアリングボタン
  • Switch Pro コントローラー
    シンクロボタン長押し
    Switch Pro コントローラー ペアリングボタン
スポンサーリンク

Steamでの設定手順

初期設定

ボタン変更を行う前に事前準備が必要です

  1. クライアント上部のメニュー「Steam→設定→コントローラ」と進んで「一般のコントローラ設定」をクリック
    Steam 一般のコントローラ設定
  2. 「Xbox 設定サポート」にチェックを入れて確認をクリック
    PlayStationやSwitchのコントローラーを使う場合もそれぞれチェックが必要です
    Eliteコントローラーを使う場合は「Xbox Extended Feature Support」にもチェックを入れましょう
     背面パドルの設定にも対応するようです
    Steam コントローラ設定 サポート

キャリブレーション

ジョイスティックやジャイロセンサーを調整できます
挙動がおかしい時、不安定な時に実行する機能ですがはじめに確認しておいてもいいかもしれません

レイアウト確認・ボタン再配置(一般的なゲームパッド)

接続したコントローラーが「一般的なゲームパッド」として認識された場合はボタンレイアウトを確認しましょう
「レイアウトの決定」をクリックして設定画面へ
Steam コントローラ設定 レイアウト確認
必要であればボタンの再配置を行うことが可能です
Steam コントローラ設定 ボタン再配置

Nintendo ボタンレイアウトを利用

Switch Pro コントローラーを使用する時に利用できるオプションです
XboxとSwitchのコントローラーはAとB、XとYのボタン位置が逆になっています
このチェックを入れておけばXbox準拠の設定をSwitch Pro コントローラーでそのまま利用できます
Steam コントローラ設定 Nintendoボタンレイアウト

Big Picture・デスクトップ設定

Big Pictureモードやデスクトップでのコントローラー挙動をそれぞれ個別に設定できます
コントローラー設定から「Big Picture設定」または「デスクトップ設定」へと進みましょう

Big Pictureモードとは

コントローラーでの操作を前提として作られているユーザーインターフェイスです
クライアント右上のBig Picture ボタンを押すとこのモードに切り替わります
Steam Big Pictureモードボタン
デスクトップに戻る場合は右上にある電源ボタンから「Big Picture を終了」を選択しましょう
Steam Big Pictureモード設定
Steam Big Pictureモード終了

ゲームごとの設定

  1. ライブラリからコントローラー設定を変更したいゲームを右クリックして「管理→コントローラ設定」と進みましょう
    ※この項目はコントローラーを接続していないと表示されません
    Steam ライブラリ コントローラ設定
  2. 各ボタンを自由にカスタマイズできます
    Steam コントローラ設定画面
  3. ボタンの入れ替え以外にもマウス、キーボードやスクリーンショット機能などを割当可能です
    Steam コントローラ設定 機能割当画面

設定の初期化・インポート・エクスポート

  • エクスポート
    キー変更や機能割当が完了したら「設定をエクスポート」をクリック
    Steam コントローラ設定 エクスポート
    テンプレートで「新しいテンプレートバインドを保存」を選んだら名前と説明を入力して保存します
    Steam コントローラ設定 保存
  • 初期化・インポート
    「設定を閲覧」から保存したコントローラ設定を適用できます
    Steam コントローラ設定 閲覧
    いろいろ変更しすぎてよくわからなくなったら推奨設定に戻すと良いでしょう
    またフレンドや他のユーザー(コミュニティ)が公開している設定を選ぶことができます
    使用ボタンが多いゲームや特殊な操作があるゲームは推奨設定やコミュニティの設定を使用したり参考にしたりするとプレイしやすくなるかもしれません
    Steam コントローラ設定 インポート
スポンサーリンク

AボタンとBボタンを入れ替える

具体的な設定手順としてAボタンとBボタンの入れ替えを画像つきで説明します

  1. 設定画面を開いたらABXYボタンのグループをクリック
    Steam コントローラ設定 abxyボタン
  2. Aボタンをクリック
    Steam コントローラ設定 aボタン変更
  3. 現在の設定が表示されるので新たに割り当てたいBボタンをクリック
    Steam コントローラ設定 bボタン割当
  4. AボタンにBボタンが割り当てられました
    続いてBボタンをクリック
    Steam コントローラ設定 bボタン変更
  5. Aボタンをクリック
    Steam コントローラ設定 aボタン割当
  6. BボタンにAボタンが割り当てられました
    「戻る」で前の画面へ
    Steam コントローラ設定 abボタン変更確認
  7. AボタンとBボタンが入れ替わっていることを確認したら「決定」で設定完了です
    Steam コントローラ設定 abボタン変更完了
スポンサーリンク

便利な設定

複数の設定を組み合わせれば複雑なアクションも簡単操作で実現できるかもしれません

オンラインマルチ対戦ゲームではチート認定される可能性もあるので使用しないほうがいいでしょう

同時押し

「マルチボタンの切り替え」をオンにするとひとつのボタンに複数のボタンを割り当てられます
Steam コントローラ設定 マルチボタンの切り替え
Bボタン単体でABボタンの同時押しをできるように設定しました
Steam コントローラ設定 ボタン同時押し

連射

「アクティベイターを表示」
Steam コントローラ設定 アクティベイターを表示
「アクティベーター追加」して起動タイプは「長押し」バインドは割り当てたいボタン、長押しで繰り返し(ターボ)を「オン」にすると長押し中は割り当てたボタンを連打する設定になります
繰り返し頻度が連射速度(入力間隔)になります
追加せずに元からある普通押しの設定を変更してしまうと普通押しした時になにも入力されないようになるので注意しましょう
Steam コントローラ設定 ボタン連射

トグル

ボタンを押している間だけダッシュするといった操作をオンオフ切り替えできるようにします
「アクティベイターを表示」
Steam コントローラ設定 アクティベイターを表示
切り替えをオンにするとトグルボタンとして動作するようになります
Steam コントローラ設定 トグル設定

トリガー

L・Rトリガーは深く引く「フルプル」と浅く引く「ソフトプル」に別のボタンを割当可能です
ソフトプルのトリガースタイルとソフトプル位置で挙動と発動位置(引き具合)を設定できます
フルプルとソフトプルの両方を設定した場合「単純なしきい値」もしくは「触発性トリガー」にすると深く引いた時に両方発動します
ヒップファイアはトリガーを素早く引くことでフルプルを単体で発動させます(ソフトプルを発動させない)

  • 単純なしきい値
    しきい値を超えると発動
    しきい値まで戻るとボタンをはなす
  • 触発性トリガー
    しきい値を越えると発動
    しきい値まで戻らなくてもトリガーを少しでも戻すとボタンをはなす
  • ヒップファイア
    しきい値誘発までの時間の長さが違う設定が用意されています
    アグレッシブは非常に短いためソフトプルを発動させないためには非常に早くトリガーを引く必要があります
    短い – アグレッシブ – ノーマル – リラックス – 長い

    • エクスクルーシブはフルプルかソフトプルどちらかしか発動しません
      ソフトプルが発動した場合は深くまで押し込んでもフルプルは発動しません

Steam コントローラ設定 トリガー設定

スティック感度

アナログスティックの設定画面で「追加設定」をクリック
Steam コントローラ設定 スティック感度設定
「スティック感度カーブ」で好みの設定に変更しましょう
最初からある5つの設定以外にも独自に調整できる「カスタムカーブ」が用意されています
デフォルト設定は入力に対して1:1の感度となっている「リニア」です
Steam コントローラ設定 スティック感度カーブ

モードシフト

複数のモード(キー設定)を設定した上で特定のボタンを押している間だけモードを切り替える機能です
アイテム使用のショートカットが多いなどキーボード操作が前提となっているゲームをコントローラーでプレイする時にとても便利です
ABXYボタンを例に説明します
「モードシフト」をクリック
Steam コントローラ設定 モードシフト
「入力スタイル」で割り当てたいボタンを設定
「モードシフトボタン」はモード切替に使うボタンを設定します
下の画像は左トリガーのフルプル(深く引く)状態時だけABXYがキーボードの1234キーとして動作する設定です
通常時とモードシフト時で合わせて8つのボタンを使えるようになります
Steam コントローラ設定 モードシフトの入力スタイル

スポンサーリンク

おすすめのコントローラー

Xbox ワイヤレス コントローラー

これからSteam用(PC用)のコントローラーを買うならXboxのコントローラーをおすすめします
多くのPCゲームがXboxコントローラー(Xinput)での操作を前提に作られており、コントローラーを接続するだけですぐにプレイできるからです
またゲーム内のコントローラーボタン表示がXboxのコントローラー準拠のものしか用意されていないことも少なくありません
Xbox ワイヤレス コントローラーはXboxの最新コントローラーでXbox Series X|S、Xbox One、Windows 10 PC、Androidなどで利用できます

PCでのファームウェア更新はXbox アクセサリー アプリから可能です

PCとの接続方法は3つ用意されており有線接続(USB Type-C)と、無線接続(Bluetooth、専用アダプタ)から選べます
Xbox向けのパッケージが販売されていますがこちらはケーブルが同梱されていません
コントローラーは同じものなのでケーブル同梱のパッケージを購入すると良いでしょう
カラーリングは黒(カーボン ブラック)白(ロボット ホワイト)青(ショック ブルー)赤(パルス レッド)の4色です
無線アダプタは単体でも販売されていますがコントローラーとアダプタの同梱パッケージもあります
コントローラーと合わせて購入する場合は安い方を選びましょう
単3電池は充電式のものがあると便利です
純正品の充電式バッテリーも販売されています

Xbox ワイヤレス コントローラー + USB-C ケーブル
日本マイクロソフト
同梱物:Xbox ワイヤレス コントローラー (カーボン ブラック) 本体(3.5mm ステレオ オーディオ ジャック付き)、 USB-C ケーブル (約 2.7m)

コメント

タイトルとURLをコピーしました