Steamのゲームをバンドルサイトで格安購入する

2017年8月27日おすすめ情報

ここで紹介するバンドル(bundle)とはMicrosoft RTS Collectionのような、Steamで複数のゲームがまとめて売られている販売形式のことではありません
外部のサイトで複数のSteamキーが格安でまとめ売りされているもののことです
バンドルによっては収録されているゲーム定価総額の90%オフを下回る価格で販売されておりSteamで購入するよりも断然安くゲームを入手できます

特にHumble Bundleが有名ですが他にもFanatical、Indiegala、Groupeesといったバンドルサイトがあるのでその特徴を紹介します

Humble Bundle(ハンブルバンドル)


https://www.humblebundle.com/

バンドルひとつの売り上げが10億円を超えたこともある超有名バンドルサイト

特徴

  1. インディーゲームだけでなく大手パブリッシャーのゲームを収録したバンドルも販売されることがある
    例. Capcom Rising Bundle, Civilization Bundle, Bandai Namco Bundle 2
  2. 販売価格は「PWYW(Pay what you want)」と「BTA(Beating the Averages)」が採用されている
    • PWYW:購入者が支払額を自由に決められるがSteamキーをもらえるのは最低1ドルの支払いから
    • BTA:全購入者の支払額の平均以上なので上位tierが人気のあるバンドルだとBTAがどんどん上昇していく
    • 基本的には支払額を追加することができるのでとりあえず1ドル払っておいて気が変わったらBTAまで購入するといったことが可能(BTA価格は初回支払い時のものに固定される)
  3. 売り上げの一部はチャリティーとして各種団体に寄付される
  4. Steamキー以外にDRMフリーのゲームをダウンロードできるタイトルがある
  5. バンドルの販売以外にゲームの販売を行っている独自ストア「Humble Store」がある
  6. 結構な頻度でゲームを無料配布している

バンドルの種類

  1. レギュラーバンドル
    日本時間の水曜日午前4時(サマータイム中は3時)から販売が開始され期間は2週間
    そのため基本的には常時2つのゲームバンドルが販売されている
  2. イレギュラーバンドル
    イベント等に合わせて不定期に販売されるバンドル
    販売期間は様々
    例. E3 2017 Digital Ticket, Oceans Day Bundle
  3. Humble Monthly
    毎月販売される月刊購読制のバンドルで収録されるゲームの定価総額が100ドルを超える
    詳しくまとめた記事があるのでどうぞ
  4. その他
    Bookバンドルやソフトウェアバンドルなどゲーム以外のバンドルも販売される

利用方法

アカウント作成からバンドル購入まで詳しくはこちらの記事で解説しています

Fanatical(ファナティカル):旧Bundle Stars

Fanatical
https://www.fanatical.com/en/

2017年11月1日にBundle StarsからFanaticalに名称が変わりました

特徴

  1. バンドルに収録されるゲームは基本的にはインディーゲームのみ
  2. Humble Bundleと同じように独自ストアがある

バンドルの種類

他サイトに比べてWarner Bros. Interactiveのゲームがかなり安値で購入できる
例. LEGOバンドル, BATMANバンドル 等

Indiegala(インディガーラ)


https://www.indiegala.com/

リリースされるバンドルが多くマイナーなインディゲームから掘り出し物を探すのに重宝します

特徴

  1. バンドルの発売から一定期間(約24時間)はスペシャル価格として少し安く購入できる
  2. Happy Hourという独自のまとめ買いシステムがある
  3. 独自ストア「Gala Store」の他にもGiveawayやトレードができるページがある

バンドルの種類

  1. レギュラーバンドル
    Monday Motivation Bundle
    Hump Day Bundle
    Friday Special Bundle
    それぞれ月曜日、水曜日、金曜日に更新されるバンドル(月曜は隔週で月2回程度更新、水曜と金曜は3週に1回更新?)
  2. イレギュラーバンドル
    上記のバンドルが更新されない週でも別のバンドルが販売されることが多く常時10個近くのバンドルが並んでいる

Groupees(グルーピーズ)


https://groupees.com/

以前は結構お得なバンドルを販売していました
しかし最近はゲームバンドルの販売頻度自体が低く収録タイトルも良くないのであまりオススメできません

特徴

  1. バンドルに収録されるゲームは基本インディゲームのみ
  2. 実際に販売が始まる前に安く購入できるプレセールがあるがこの時は何が収録されるかは明かされない

バンドルの種類

  1. 複数のゲームから自分が欲しいものだけを選ぶ形式のバンドルが多い
  2. ゲームバンドル以外、特に音楽バンドルを多く販売している

その他のバンドルサイト

正直収録されているゲームが有象無象なのでこれらのバンドルサイトで購入する機会はほぼないと思いますが紹介だけ

Steamキーの地域制限について

バンドル販売サイトで取り扱われているSteamキーは基本的にWW(ワールドワイド)版やROW(rest of world)版なのでどこの国であっても登録できる制限無しのキーです

しかしSteamでおま国になっているゲームや地域制限についての注意書きがあるゲームを購入する場合はSteamDBで調べてから購入するようにしましょう

まとめ

すでに閉鎖してしまったサイト(Blink Bundle, Indie Royale 等)も含めて他にもバンドルサイトはあると思いますがバンドルの質やサイト自体の信頼性を考えると「その他のバンドルサイト」や新規オープンサイトの利用はあまりおすすめできません

トラブル発生時のやり取りは基本英語ですし利用するのは自己責任です
少しでもリスクを軽減するために支払い方法は利用が簡単で「買い手保護制度」のあるPayPal(ペイパル)がおすすめです
クレジットカードを持っていないという人はデビットカードやVプリカとあわせて利用する方法もあります

バンドルサイトを賢く使って快適なSteamゲーマーライフを!

現在販売中のバンドルはこちらで確認できます
PCゲームのセール情報はこちら

Amazon Audible 無料体験

12月8日午前3時 まで
MGS V、Cities: Skylines 12ドル

2017年8月27日おすすめ情報

Posted by hibihibin