Steam ゲームの最安値を調べる方法

近年のゲームリリースラッシュの影響もあってSteamで販売されているゲーム数は膨大なものとなっています
そのためサマーセールやウィンターセールなどの大型セール期間にはセール対象になるゲームが5000を軽く超えてきます
Steamに標準で実装されているタグ検索やウィッシュリスト機能だけではセール情報を確認するのは大変な手間です

そこで本記事ではSteamのセール情報を見やすく整理してくれる便利なサイトSteam Database(以下SteamDB)の紹介と具体的な利用方法をまとめます
最安値を更新したゲームのみを検索することも可能なのでゲームをできる限り安く買いたいなら是非活用すべきサイトです

SteamDBとは

SteamDBはSteamで販売されているゲームの情報をまとめているデータベースサイトです
各ゲームの最安値・セール履歴を調べることが可能です
またSteamでセール中のゲームを様々な条件で検索・ソートする機能もあります
指定した条件に当てはまるゲームのみを一覧で表示できるのでセール情報のチェックにおすすめです

最安値・セール履歴・各国での販売価格を調べる

各ゲームの販売価格と履歴を調べることができます
個別ページは「Search」から検索すると良いでしょう
こちらはThe Long Darkのページです
https://steamdb.info/app/305620/
Change Currencyで通貨を日本円に設定しましょう

各国での販売価格が最安値も含めて一覧表示されます

価格履歴はグラフで表示されるのでセールの時期や頻度も一目瞭然です
本作は早期アクセスで発売されて後に正式版へとアップデートされました
価格改定が2度行われていることもわかります

セール情報の見方(検索・ソート)

Steam全体のセール情報は「Sales」のページを見てみましょう
7

  • 左上の「Show 50 entries.」は数字を変更することで1ページに表示するゲームの数を変更できます
  • 表最上部の「Name」「Price」などの項目をクリックすると昇順・降順を切り替えられます
  • 割引率 表示色の違い
    ハイライトなし:最安値ではない 「highest recorded discountis -◯◯%」が最安
    緑ハイライト:過去最安値タイ
    青ハイライト:最安値更新 「new highest discount」

指定できる条件

一部の機能はSteamを通してログインしていないと使えません
1

  • Price from 0 to 0
    価格による絞り込み
    指定した価格範囲に該当する情報のみが表示される
    デフォルトの「0 to 0」は除外価格なし
    単位は指定した通貨
  • Discount
    割引率による絞り込み
    40に設定すると割引率40%以上のゲームのみが表示される
  • Rating
    評価による絞り込み
    ユーザーレビューのうちのポジティブレビューの割合をもとにしているので数字が大きいほど評価が高い
  • Filter by type
    タイプによる絞り込み
    自分が所持しているゲームのDLCのみを表示する「DLCs for owned games」が便利
    3
  • Filter by category & OS
    OSやその他の条件による絞り込み
    4
  • Filter by user tag
    ユーザーが自由につけることができるSteamタグによる絞り込み
  • U.S. Dollar:通貨の指定
    特に理由がなければ「Japanese Yen」で問題なし
  • Show new discouts only
    最安値を更新しているゲームのみ表示する
  • Show wishlisted only
    自分のウイッシュリストに登録されているゲームのみが表示される
    ※この機能を使うにはブラウザの拡張機能インストールが必要
    https://steamdb.info/extension/
  • Hide owned games
    自分が所持しているゲームを非表示にする
    チェックを外していると所持しているゲームは緑色でマスク表示される
    5
    チェックを入れると非表示になる
    6

その他の機能

無料プレイ

期間限定で無料プレイが可能になっているゲームがオレンジ色で「Play For Free!」と表示されひと目で分かります
https://steamdb.info/sales/

バンドル販売

Steamでバンドル販売されているものだけをピックアップして一覧表示してくれます
大型セール時に「Created」でソートすると特別バンドルを見つけやすいです
https://steamdb.info/bundles/
8

Calculator

SteamIDを入力することで所持しているゲームの総額や各ゲームのプレイ時間などが表示されます
ログインする必要はないので公開されているアカウントなら自由に調べることが可能です
https://steamdb.info/calculator/
9

Steamでの定価総額やその時点で購入した場合の総額などがひと目でわかります
プレイ1時間あたりのコストも出るので結構興味深いです
10
所持ゲームのプレイ時間と価格による分布も表示されます
11

Steamキーの地域制限情報

もうひとつの大きな機能である「Steamキーの地域制限を調べる方法」について
おま国にも関わることで長くなるので別記事にて詳しく解説しています

Steamのおま国とは - 地域制限と回避方法
Steamのおま国とは 地域制限の種類や見分け方についても解説しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました